よくあるご質問

よくあるご質問

Q01 防音室を作るとどのくらい部屋がせまくなるのですか?

A: はい、よくご相談いただく6帖程度のお部屋で、浮き二重構造によるピアノ防音室をつくりますと、
だいたい0.8帖程度狭くなります。

Q02 防音室を作るのに、最短で何日くらいかかります

A:最短でも9営業日は必要となります。作業条件(工事可能な時間帯など)により多少は異なります。
パネル製法(ユニット式)ですと、3営業日以内で完成する事がほとんどです。

Q03 オーダーメードの防音室と、パネル製法の防音室の違いは何ですか?

A:パネル製法(ユニット式)は、工事期間が大変短く、お部屋の解体・改修工事も生じません。またお引越しの際も移設が可能です。楽器店の試奏室はパネル製法で造られている事がほとんどです。
オーダーメイドはお部屋の形に沿って造らせて頂く防音室です。室内音響を考えたときに、一つにはその空間の容積も大事な要素となります。ルームアコースティックを楽しんでいただくためには、部屋の広さや天井の高さは重要な要素となります。
またパネル製法と比べ、高い遮音性能の防音室を造る事ができるという特徴があります。
弊社ではオーダーメイドとパネル製法、どちらの防音室もご用意しております。お客様のご利用目的に合った防音室をご提案させて頂きますので、ぜひお問い合わせください。

Q04 防音室でどのくらい音が止められるのですか?

A:防音室の遮音性能は、部屋の有効面積やお見積もりの金額を左右していく要素となります。
お客様に必要な遮音性能はそれぞれです。
防音室の使い方や、発生する音源をお伺いしながらご提案させてください。

Q05 防音室だけでなく家全体をリフォームしたいんですが…

A:はい、喜んでお家全体のリフォームもさせて頂きます。 リフォームも新築も、お店作りも何でもご相談ください。
リフォームを防音室と分けて、他者様で施工されるより、弊社で防音室も含めてリフォームしていただく方がトータルの工事費として必ずお安くできます。
弊社では、社内の設計部の他、建築に関わる協力業者が多数あり、建築・土木・ガーデニングetc・・・
何でもご相談ください。